第52番 太山寺【四国八十八ケ所霊場】

愛媛県松山市の大山寺町にある、第52番札所の 太山寺 では、いたるところで国の重要文化財や、国宝を観ることができます。

ちなみに、この写真の本堂は国宝に指定されています。

太山寺(瀧雲山 護持院)

一の門のバス停 が目印です。ここから奥の方へ進んでいきます。途中の道はそれほど細くて通りにくいというほどではありませんが、1.5車線ほどの道幅ですから通行には注意しましょう。

太山寺の仁王門が見えてきますが、ここから太山寺までは少し距離があります。右側の道路を通って奥まで乗り入れることができます。

せっかくなので仁王門にも手を合わせてから奥へ進んでみます。

少し進むと、広々とした駐車場がみえてきます。整備されたトイレや飲み物の自動販売機が設置されています。

駐車場に駐車してから歩いてもいいのですが、ここから本堂まではさらに距離があり、勾配のきつい上り坂もあります。

奥にも駐車場がありますので、バイクでそのまま進んでいってもかまわないようです。

お寺の直近の駐車場です。最初の駐車場よりも若干せまいのですが、バイクであれば狭さはそれほど問題ないです。

こちらはトイレやその他の設備はなく、ただ車やバイクが駐車できるという程度のものです。

駐車場から出ると、一気にお寺の雰囲気が高まってきます。まるで聖域に入ったかのような雰囲気に包まれます。

十三仏像が出迎えてくれます。ムードは満点ですね。

ここから山門に向けて階段を登ります。

勾配は特にきついわけではありません。手すりも設置されていますので、安全に向かうことができますね。

境内は広々としており、散策しがいがあるお寺です。国宝や国の重要文化財がたくさんあるので、一通り観てまわるのも楽しいです。

国宝である本堂。3回ほど建て直されているようですね。まさにこれぞお寺という感じの、堂々たる出で立ちです。

大師堂は、さらに階段を少し登ったところにあります。こちらも手すりが設置されています。

御朱印をいただく納経所は、最初の駐車場の方が近いですから、参拝し終えた後にバイクに乗って戻っていきます。

全般的に案内看板がしっかりと設置されており、非常にわかりやすいですから迷うことはないでしょう。

墨書と御朱印(写真中央)、御本尊の御影(おすがた・写真右下)です。梵字で描かれることが多いですが、これは普通に読めますね。

バイクお遍路のポイントと注意点

比較的参拝しやすいお寺ですので、それほど困ることはないと思います。

太山寺までのアクセス

バイクでお参りする場合、道幅の狭さはそれほど感じません。自動車や観光バスとも余裕を持ってすれ違うことができます。

山門の近くまでバイクで乗り入れることができますから、それほど歩き回ることもないので、快適に参拝できるでしょう。

本堂や大師堂がある境内までは階段を登る必要があります。平坦な迂回路はありませんので(あるんでしょうけど立ち入れませんので)、歩きやすい靴で訪れるのが良さそうです。

全般的に、案内看板が充実しているので、ほとんど迷うことなく訪れることができるでしょう。

太山寺の駐車場は無料

こちらの駐車場は、自動車でもバイクでも無料です。

ただ、どのお寺でもそうですが置き引き被害が発生するリスクがあるようですので、貴重品などはバイクに残さないようにしましょう。

太山寺は敷地が広く勾配もあるが、バイクだと非常に参拝しやすい

本堂にお参りするまでには一番下の駐車場からだと、少し距離があり勾配もありますが、バイクだと難なく近くまでアクセスできますから、参拝しやすいお寺だと思います。

ただ、本堂に近い方の駐車場はあまり知られていないのか(おそらく最初の看板を見てそちらに駐車するからだと思うのですが)、途中で歩いている人に多く遭遇します。

なかには耳の不自由な年配の方もいらっしゃいますから、後方からのバイクの接近に気がつかないこともあるでしょう。通行には最新の注意をはらう必要がありますね。

また、境内も比較的フラットな造りになっているので、散策してもそれほど疲れることはないでしょう。国宝や国の重要文化財に囲まれた境内でじっくりお寺の雰囲気を味わってみるのもいいでしょう。

そのためには、あまりガチガチのバイク用ブーツだと少し歩きにくいかもしれませんので、歩きやすいタイプのブーツが良さそうです。これはすべてのお寺に言えることです。

自然いっぱいの中にある広々とした歴史あるお寺で、パワーをもらって次に進みましょう。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメント

タイトルとURLをコピーしました